はがねコテツ

はがねコテツ
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ三十六 121ページ 著者:岸本斉史

はがねコテツ

はがねコテツは木の葉隠れの里の中忍で初登場は第四巻、中忍試験の受験生に化けて他の受験生たちを幻術でできた結界の中に閉じ込めていた。実は第一の試験の試験官だったためここから試験はすでに始まっていたのだろう。

鼻を隠すようにバンテージを巻いているがケガを隠しているのかただのファッションなのかは不明。アニメではおまけ編でこのバンテージの下がついに明かされるかと思いきやシカマルがめんどくさくなったため結局明かされていない。

神月イズモとは子供の頃からの仲で中忍試験や新アスマ班での暁討伐など共に行動をすることが多い。

新アスマ班での戦闘

第二部で暁の飛段角都が火の国に侵入した際にアスマ、シカマル、イズモとの新編成された小隊で討伐に向かい交戦。当初は飛段をアスマとシカマルが攻撃するなか手を出していなかった角都の動きに備えていた。

しかし角都が戦いに加わるとすぐにイズモが水遁・水飴拿原で角都の動きを止めたのに乗じて独特の鈍器を口寄せして攻撃。付き合いの長いコンビらしい見事なコンビネーションだったが角都には通用しなかった。

その後は隊長のアスマが倒れ全滅の危機に瀕するが、山城アオバ率いる増援部隊が駆け付けたことと飛段・角都が三尾封印のため呼び戻されたことで撤退することができた。

忍者としての能力

イズモとのコンビネーションと口寄せの形状からして近接戦闘タイプの忍だと思われる。武器が巨大なためスピードに不安を覚えるが猪鹿蝶トリオのようにイズモとのチームで相手の動きを封じた後の決定打を担っているのだろう。

第四次忍界大戦ではダルイ第一部隊の増援に加わり蘇生された暁の角都と再び交戦する。ちなみに第一部での登場時から第二部まで中忍から昇格していない。

プロフィール

  • ● 忍者登録番号 012050
  • ● 誕生日 7月21日
  • ● 年齢 25→28歳
  • ● 身長 167cm
  • ● 体重 52kg
  • ● 好きな食べ物 おでん、まぐろのやまかけ
  • ● 嫌いな食べ物 にがうり

使用する術

変化の術 -中忍試験時子供の頃の姿に変化して受験生になりすました。
口寄せの術 -角都に攻撃する際鎖でつながった巨大な鈍器を口寄せした。

               

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後までお読みいただきありがとうございます。このサイトは皆様からの応援を元気の源にして執筆活動を行っております。あなたからの温かいシェアをお待ちしております。

このエントリーをはてなブックマークに追加