夕日紅

出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ ページ 著者:岸本斉史

くノ一上忍 夕日紅

夕日紅は木の葉隠れの里、第八班の担当上忍であり、教え子に犬塚キバ日向ヒナタ油女シノを持つ。ちなみに班は全員が感知タイプの術を使える。春野サクラ山中いの、綱手など男勝りな女性の多いNARUTO-ナルト- では珍しく女らしく色気のある女性として描かれている。

同じく木の葉の上忍である猿飛アスマの恋人で、第一部から行動を共にしていることが多く、第二部ではアスマの子を妊娠している。

女性らしいとはいえ上忍だけあってか弱いという印象はなく、教え子であるヒナタが日向ネジに殺されかけたときは鋭い眼光でネジをにらみつける場面も見られる。しかし、恋人であるアスマの死を告げられた時はショックを隠しきれず、泣き崩れてしまった。

木の葉トップクラスの幻術使い

木の葉でもトップクラスの幻術使いと言われているが、作中での戦闘描写は少なくその実力は未知数である。唯一の戦闘はうちはイタチ、干柿鬼鮫とのものだが、イタチの影分身を見破れず接近してしまい、影分身の爆発から紅をかばったカカシは負傷してしまった。特徴的な赤い目をしており、黒目の周りを輪のように囲んだ模様がみられるため、ネット上で輪廻眼ではないかと(ネタだが)噂になった。

プロフィール

  • ● 年齢 28歳→31歳
  • ● 身長 169cm
  • ● 体重 54kg

使用する術

魔幻・樹縛殺

               

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後までお読みいただきありがとうございます。このサイトは皆様からの応援を元気の源にして執筆活動を行っております。あなたからの温かいシェアをお待ちしております。

このエントリーをはてなブックマークに追加