その他

うちはイズナ

マダラの弟 うちはイズナ

うちはイズナはうちはタジマの子でマダラの弟。もともと五人兄弟だったが戦乱の中で兄弟たちを失い、イズナとマダラ以外の兄弟はマダラが柱間と出会ったころにはすでに亡くなっている。

続きを読む

外道魔像

外道魔像
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ二十九 24-25ページ 著者:岸本斉史

外道魔像とは

六道仙人十尾からチャクラを抜き取り九つの尾獣に分けた際に残ったいわば十尾の抜け殻。人型の巨大な像で九つの目を持っている。長らく封印石である月に封印されていたがうちはマダラが死の少し前に輪廻眼を開眼した際月から口寄せすることに成功した。

続きを読む

千手仏間

千手仏間
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ六十五 114ページ 著者:岸本斉史

千手一族の長 千手仏間

千手仏間は柱間、扉間、板間、瓦間の父で森の千手一族の長だった忍。柱間が一族の長となってからは登場していないため、それまでのうちは一族との戦いで命を落とし柱間が長を継承したと考えられる。

続きを読む

うちはタジマ

うちはタジマ
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ六十五 114ページ 著者:岸本斉史

マダラの父 うちはタジマ

うちはマダラ、イズナの父。マダラがうちは一族の長となっていることからそれ以前は父であるマダラが一族の長だったと思われる。マダラが長となってからは登場していないためそれまでの千手との戦いで命を落としたのだろう。

続きを読む

六道仙人

六道仙人
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ四十一 63ページ 著者:岸本斉史

忍の祖 六道仙人

六道仙人はチャクラの真理を解き明かし忍宗(後の忍術)の開祖となった伝説の僧侶。輪廻眼を初めて開眼したとされ現在の忍術も全て六道仙人によって生み出されたとされるが実在したかどうかすら曖昧な神話的な存在とされていた。

続きを読む