忍術

五行封印

五行封印
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ六 73ページ 著者:岸本斉史

五行封印とは

五行封印は封印術の一つで五指に木・火・土・金・水の五行のチャクラを込めて対象者に打ち付ける形で封印の術式を刻み込む。火や土など一見性質変化と関係がありそうだが金や木など基本の性質変化にないものも入っているため、性質変化とは関係なく五行思想に基づいたものだと考えられる。

続きを読む

傀儡の術

傀儡の術
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ二十八 118-119ページ 著者:岸本斉史

傀儡の術とは

傀儡の術はチャクラ糸で人形を操り武器とする術。傀儡の操作に集中しなければならないため術者は接近戦を苦手とし、本体は物陰などに隠れて傀儡で戦うことが定石である。暁の赤砂のサソリはこの弱点を補うためか術者が中に入ることができる傀儡ヒルコを使用していた。

続きを読む

屍骨脈

屍骨脈
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ二十四 65ページ 著者:岸本斉史

屍骨脈とは

屍骨脈はかぐや一族の‎血継限界。骨芽細胞や破骨細胞を自在に操り、カルシウム濃度さえもコントロールし骨を形成する能力で、最高密度の骨は鋼のごとく硬い。作中ではかぐや一族の唯一の生き残りである君麻呂が使用している。

続きを読む

外道輪廻天生の術

外道輪廻天生の術
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ四十八 58ページ 著者:岸本斉史

外道輪廻天生の術

外道輪廻天生の術はペイン外道であり本体である長門の輪廻眼による転生忍術で、小南いわく生死をつかさどる術。術者は大量のチャクラを消費しペイン地獄道が呼び出す閻魔の様な化け物から死者の魂を解放する。

続きを読む

百豪の術

百豪の術
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ五十九 125ページ 著者:岸本斉史

百豪の術とは

百豪の術は五代目火影・綱手の術で額に長年かけてチャクラを溜め続けることで緊急時にはその大量のチャクラを利用することができる。百豪の術によって溜めたチャクラは陰封印・解によって解放することができ、綱手は忍法・創造再生を発動する際に使用している。

続きを読む