その他の忍術

うちは返し

うちは返し
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ六十三 75-76ページ 著者:岸本斉史

うちは返しとは

うちは返しはうちはマダラ六道仙人の宝具である芭蕉扇(ばしょうせん)を使って九尾チャクラモードのうずまきナルトの尾獣玉をはね返した術。術の詳細は語られていないが敵の忍術を吸収して弾き返すものと考えられる。

続きを読む

手裏剣影分身の術

手裏剣影分身の術
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ十三 181ページ 著者:岸本斉史

手裏剣影分身の術とは

手裏剣影分身の術は文字通り敵に向かって投げた手裏剣を無数に分身させて四方八方から敵を攻撃する術。この手裏剣は見せかけではなく全て実体のある本物のため回避は困難。

続きを読む

呪術・死司憑血

呪術・死司憑血
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ三十六 77ページ 著者:岸本斉史

呪術・死司憑血とは

呪術・死司憑血は暁の一員飛段の使用する術。自らの血で地面に陣を描き対象者の血を体内に取り込むことで術者の体と対象者の体がリンクするようになり、以後陣の上で術者が受けた傷は対象者の体にも同様に現れる。なお、血を体内に取り込んだ際、術者の体は白と黒のしま模様に変色する。

続きを読む

傀儡の術

傀儡の術
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ二十八 118-119ページ 著者:岸本斉史

傀儡の術とは

傀儡の術はチャクラ糸で人形を操り武器とする術。傀儡の操作に集中しなければならないため術者は接近戦を苦手とし、本体は物陰などに隠れて傀儡で戦うことが定石である。暁の赤砂のサソリはこの弱点を補うためか術者が中に入ることができる傀儡ヒルコを使用していた。

続きを読む

外道輪廻天生の術

外道輪廻天生の術
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ四十八 58ページ 著者:岸本斉史

外道輪廻天生の術

外道輪廻天生の術はペイン外道であり本体である長門の輪廻眼による転生忍術で、小南いわく生死をつかさどる術。術者は大量のチャクラを消費しペイン地獄道が呼び出す閻魔の様な化け物から死者の魂を解放する。

続きを読む