木の葉隠れの里

千手扉間

千手扉間
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ五十一 146ページ 著者:岸本斉史

二代目火影 千手扉間

千手扉間は千手一族の長であった千手仏間の子で兄に初代火影・柱間、弟に板間、瓦間を持つ。生まれたころはまだ隠れ里というシステムは確立されておらず忍は一族ごとに点在していて争いがあると国に雇われて戦っていた。そのため人手が足りなければ幼子でさえ戦争に駆り出されており弟の瓦間を7歳で失い板間もまた幼くして亡くなっている。

続きを読む

加藤ダン

加藤ダン
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ十八 143ページ 著者:岸本斉史

綱手の最愛の男 加藤ダン

加藤ダンは五代目火影・綱手の最愛の恋人でありシズネの叔父。綱手が小隊に医療スペシャリストを組み込むことを提案した際に三代目火影で綱手の師でもある猿飛ヒルゼンは戦争中のため医療体制を確立することは難しいとしたが、ダンはこの提案に賛成する意思をはっきりと示した。

続きを読む

縄樹

縄樹
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ十八 136ページ 著者:岸本斉史

火影を夢見た少年 縄樹

縄樹は綱手の弟で木の葉隠れの下忍。火影になることを夢見ていたことやその風貌、何より一途で無茶ばかりするところがうずまきナルトに酷似しており、綱手は自来也が五代目火影の就任要請を伝えに行ったとき連れていたナルトを気にかけずにはいられなかった。

続きを読む

うちはフガク

うちはフガク
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ二十五 61ページ 著者:岸本斉史

木の葉警務部隊隊長 うちはフガク

うちはフガクはイタチサスケの父親でミコトの夫。責任感が強く木ノ葉警務部隊の隊長を務めていた。もともと木ノ葉警務部隊は二代目火影・千手扉間がうちは一族に危うさを感じていたため里の中枢から隔離したうえ監視しやすくするために設立した組織であり、その不遇な扱いに業を煮やしたうちは一族はフガクを中心にクーデターを計画した。

続きを読む

うちはシスイ

うちはシスイ
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ六十二 49ページ 著者:岸本斉史

うちは一族 瞬身のシスイ

うちはシスイはうちはイタチの親友で、瞬身のシスイと呼ばれた男。イタチがうちは一族を滅亡させる直前に姿を消しており、イタチに殺害容疑がかかっていた。一族を滅亡させた後、イタチは万華鏡写輪眼を得るためにシスイを殺したと語っている。

続きを読む

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 15