仙法・白激の術

仙法・白激の術
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ六十一 81ページ 著者:岸本斉史

白激の術とは

白激の術は薬師カブト仙人モードで使う仙術のひとつ。口から吐き出した龍が回転して持っている玉を炸裂させ光と音で敵の視覚と聴覚を奪い、さらに空気振動で体の感覚すら麻痺させて動きを封じる。カブトいわくこの術の中で動けるのは仙人仕様の自分だけ。

続きを読む

我愛羅はなぜ「五代目」風影になれたのか

我愛羅はなぜ「五代目」風影になれたのか
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ二十八 56ページ 著者:岸本斉史

NARUTO-ナルト-の熟読者や我愛羅のファンの中にはお気づきの方もいると思うが、我愛羅が「五代目」風影になったことにはタイミング的にいささか不自然な点がある。この記事ではそれがどう不自然なのかということとそれに対する仮説を考えてみたい。

続きを読む

封印の書

封印の書
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ一 47ページ 著者:岸本斉史

封印の書とは

封印の書は初代火影が禁術を記して封印した書物。大きさは少年期のナルトの半分ほどもある巨大な巻物で、ミズキはナルトに盗ませたあと封印の書を奪いナルトを始末して里を抜けるつもりだった。ナルトが会得した多重影分身の術もこの巻物に記されていたもの。

続きを読む

龍地洞

龍地洞
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ六十一 73ページ 著者:岸本斉史

蛇の秘境 龍地洞

龍地洞は妙木山湿骨林と並び称される秘境の一つ。薬師カブトが仙術を身につけるために修行した場所だがカブトの回想に一コマ登場しただけで詳しいことは分かっていない。かつては大蛇丸も仙術を身につけようと龍地洞を訪れたが仙術を完璧に身につけることはできなかった。

続きを読む

妙木山

妙木山
出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ四十四 122ページ 著者:岸本斉史

蝦蟇(ガマ)の秘境 妙木山

妙木山は龍地洞湿骨林と並び称される秘境の一つで蝦蟇たちの暮らす里。木の葉隠れの里から歩いてひと月ほどの場所にあるが、フカサクいわく迷いの森と呼ばれており秘密のルートを知らなければ絶対にたどり着けない。自来也とナルトが仙術を身につけるために修行した場所でもある。

続きを読む

1 8 9 10 11 12 13 14 15 16 48